カードローンの返済方式、残高スライドリボルビング方式とは?

カードローンを利用してお金を借りた場合、ATMを使ったり、口座から自動引き落としにいたりして、毎月決まった日に決まった金額を返していくことになります。

ほとんどの消費者金融や銀行では、カードローンの返済方法は「リボルビング方式(リボ払い)」を採用しています。中でも多いのが「残高スライドリボルビング方式」です。

カードローンの借入金額は、毎月返済していくことによって、当然ながら徐々に減っていきます。残高スライドリボルビング方式は、借入金の残高が減ると、それに連動して毎月の返済額が自動的に低くなるというもの。

例えば30万円借り入れした場合、毎月の最低返済額は7000円ですが、残高が20万円を下回ったら5000円に、10万円を切ったら3000円に、という風に、残高に連動してスライドしていきます。毎月の返済額が低くなるのは嬉しいことですが、その分残高がゼロになる日は遠のいていきます。つまり、利息を支払う期間が長引いてしまうのです。

カードローンを利用した場合、支払う利息は少しでも減らしたい。そのためには、なるべく早く返済するのが一番有効な方法です。カードローンに申し込む際は、繰り上げ返済、一括返済が可能な消費者金融を選び、余裕ができたら少しでも多く返済して、借入残高を減らしていきましょう。それが利息を抑えるための王道です。