キャッシングの審査で伝える内容は正確に

キャッシングの審査においては自己申告でいろいろなことを聞かれると思いますが、もちろん嘘をつくのはよくないです。嘘がばれれば当然審査にも通りませんから。

ただ、嘘をつくつもりはなかったのに、間違えて言ってしまったとか、そういうアクシデントもたまにあるかもしれません。それはしょうがないのですが、例えば年収とか、勤続年数とかでそれをやってしまうと、審査に影響する可能性もあります。それはこういった情報は審査において非常に考慮されやすいものであり、かつそんなに間違えるものではないだろうと考えられるからです。

人間ですから、勘違いとかで間違える可能性はあります。

ただ、場合によっては間違えたのに、嘘をついたと思われる可能性もあります。こういった情報は後で収入証明書の提出などで分かってしまうので、間違えた場合にもそれに気付かれてしまいます。すると、嘘をつく気はなくても嘘をついたのでは?と思われる可能性もるということです。

審査における影響が大きい情報について間違えて、それが嘘をついたんじゃ?と思われたら信用は一気に落ちます。だから、審査に通るためには、嘘をつかないのはもちろんですが、自分の属性情報などを伝えるときに絶対に勘違いや間違いを起こさないことも大切になるのです。