専業主婦がキャッシングしたいときには

貸金業法によって「総量規制」が決められ、年収の3分の1を超える融資はできないと定められたときから、大手金融会社は収入のない専業主婦の申し込みを断るようになってきました。お金を借りたい専業主婦はどうすればいいのでしょうか。方法は二つあります。
一つは配偶者貸付です。これは専業主婦のための、総量規制の救済策です。夫婦であることを証明できれば、夫婦の年収を合算した金額の3分の1以下まで借入れ可能です。専業主婦は収入がゼロですから、夫の年収の3分の1ということになります。ただし、配偶者貸付を行っている業者は少数です。

もう一つの方法は銀行のローンです。貸金業専従の事業者である消費者金融や信販系は総量規制を受けますが、銀行系は対象外です。ですので、本人の収入に関係なく借りることができます。

一般的には、銀行系のカードローンは銀行の題しているローン商品で金利が低いこともあり、審査が厳しいと言われています。貸出金利は貸し倒れになるリスクも含んでいるので、金利が高いほど審査は甘く、金利が低いほど確実に返してくれる人を選ぶからです。

いずれにしろ専業主婦が借りるときには、本人に収入がない分、少額だけ借りることや、すぐに返済することなど、注意が必要です。